ムラタナツキの塩対応

ムラタナツキの塩対応

    塩対応な美容師の日常と想い。

激辛好きに捧ぐ。高円寺発 辛くておいしいものを食べ歩く部活を発足しました。その名も辛love。

 

f:id:marie-92isacat-1120:20170601004240j:plain

 drawn by (@natsuki5735)

 

こんにちは

特技は塩対応

とうぜん激辛にも塩対応 ムラタナツキです。

 

 

この度、私は辛い物好きの高円寺の飲み友達、

タカヒロマガラとともに

高円寺 辛love(からぶ)を勝手に発足しました。

ダサすぎるネーミングはスルーしてください。

 

活動内容:高円寺を出発地として、とにかく辛くて美味しいものを探して食べ歩く。

 

目標:全国、北は北海道から南は沖縄まで?辛くて美味しいもの情報に基づき、どこまででも食べ歩く。(まずは、都内制覇。)

 

部訓:オーダーしたものは何がなんでも完食(ラーメンのスープは塩分が気になるのでちょっと控えめ。二人共アラサーだからね。)

 

突然、発足したのでいまのところざっくりこんな部活です。

月に1回位活動できたら良いかな、と言う感じでゆるく行きます。

 

初日は、

高円寺のラーメン屋さん

 

じもん

 

 

f:id:marie-92isacat-1120:20170530211322j:plain

 

ここは勝浦タンタンメンのお店で辛さの段階がたくさんあります。

 

勝浦タンタンメン(かつうらタンタンメン)は、千葉県勝浦市の飲食店で供される担担麺の名を用いたご当地ラーメンである。

勝浦のタンタンメンは、当地の海女・漁師が寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着していた。

基本スタイルは醤油をベースにしたスープに中華麺が入り、具材としてラー油唐辛子で炒めた玉ねぎと豚挽き肉が載っている[1][2][3]。一般的な担担麺に使われるゴマ芝麻醤は使用しない[1][3]

メニューの特徴は、通常のゴマ系と違い、醤油ベースのラー油が多く使われたラー油系タンタンメン。

また勝浦タンタンメンはONE勝浦企業組合が管理する地域団体商標である。

出典:Wikipedia

 

 

f:id:marie-92isacat-1120:20170530211521j:plain

 

実は、勝浦タンタンメンは食したことがなかったので

1週間ほど前に、下調べで2辛を食べに行きました。

 

2辛の感想

 

全く辛さは感じず、唐辛子が入ってるのはわかる程度。

ラー油の油っぽさもそこまで感じません。

これは、この上の辛さのも期待が高まる。

 

ただ、このとき一緒に行った辛い物苦手なフリーランス美容師の師匠は

普通でオーダーして

辛くて死にそうになってました。

 

師匠についてはこちら

natsuki-m.hatenablog.com

 

ちなみに、師匠は6月から高円寺のシェアサロン内で美容室始めたみたいです。

 

www.himazine.me

 

 

あ、脱線しました。

下調べで、味は間違いなく美味しいことがわかりました。

今回は、辛い物を食べに行くという活動のため、できるだけ上の辛さを目指します。

 

オーダーは神殺し

 

しかし…

ビビリな2人が選んだのは

上から二番目。神殺し。

説明文では、かなり辛そう。

ちなみにプラス100円です。

プラス料金が設定されているあたり、お店側の本気度がひしひしと伝わってきます。

 

なぜ、特辛にしなかったか。

完食できなかったら、部訓に反するから。だってオススメしませんって…書いてある。

 

とりあえず、100円玉と食券を渡して

「か、神殺しでお願いします。」

とオーダー。

 

その時を待ちます。

 

なんだか、鼻をくすぐる芳しい香りとともに、あの唐辛子を炒めた時のようなむせるような香りが店内に漂い始めます。

 

ビビる、辛love2人。

 

そして、ついにその時が。

神殺しとご対面

 

 

f:id:marie-92isacat-1120:20170530211757j:plain

 photo by (@takahiro.magara) 

 

意外と見た目は普通と大差ありませんね。

すこし赤みが強い気もしますが。

スープは2辛のものよりドロっとしている印象でした。

 

特に追加のトッピングはしなかったので

シンプルにひき肉とニラのみ

 

美味しそう。

 

 

f:id:marie-92isacat-1120:20170601005649j:plain

 

ちなみに、トッピングの種類の豊富な模様。

失敗玉子が気になります。

 

本題に戻り、

ラーメンからはかぐわしい香りが…。

大きく吸い込むとむせる、唐辛子独特のあの香り。

 

とにかく、ラーメンは出されたらできるだけ早く食べる。

冷めたら美味しくないし、麺が伸びるし良いことありません。

 

いざ、実食。

 

まず、スープを一口。

う、辛い!って言いたいところだったんですが…

あとから来るタイプ。

一口目は、とっても美味しい。

 

2辛と違ったのは、やはり飲み込んだときに喉に来る唐辛子の刺激。

 

隣でタカヒロマガラは、しばらくむせてました。

私は意外と淡々と食べ続けることができました。

 

ちなみに、私は辛いものを食べるときは

途中で水やお茶などを飲まないほうが必要以上に辛さを感じないと思っています。

 

そんなこんなで、辛くておいしいラーメンをあっという間に完食。

 

f:id:marie-92isacat-1120:20170602001833g:plain

 

 一応、スープのドロっとした様子が伝われば良いかなと思います。

食べる前に撮ればよかった。反省してます。

 

まとめ

 

じもんはただ辛いだけではなく、スープの味もしっかりしていて

ひき肉も存在感があり美味しい。

 

しかし、メニューが必要以上にビビらせてくる。

次回、じもんに行くときは特辛への挑戦を誓いこの日の活動は終了。

 

そして、このあと高円寺の駅前をぷらぷらしてたら、

高円寺のスマイルアース(http://smileearth.sunnyday.jp/

オーナーに遭遇。

入部していただきました。

 

f:id:marie-92isacat-1120:20170531234321j:plain

 

これで部員は3人

 

次回は、同じく高円寺にある「火の鳥

自家製麺火の鳥73 (@hinotori73) | Twitter

にお邪魔する予定です。

 

おまけ

 

ちなみに、実は2人とも美容師です。翌日くさい美容師なんてごめんです。

 

次の日のニオイ対策も抜かりありません。

まず、食前に乳製品。

 

f:id:marie-92isacat-1120:20170531234510j:plain

 

 

食後にりんご。

 

f:id:marie-92isacat-1120:20170531234623j:plain

 

 

近くのセブンイレブンで売ってます。

ぜひお試しあれ。

 

 

アクセス

 

 

Google マップ

 

広告を非表示にする